学習スタイル

自分が勉強したい科目を選んで、時間割を自分で決めて学習する。

自分が勉強したい科目を選んで、時間割を自分で決めて学習する。それが本校単位制の学習スタイルです。自学自習を原則としながらスクーリング(面接授業)・レポート(報告課題)・テスト(試験)によって総合的に成績を評価します。

  • スクーリング(面接授業)

    スクーリング(面接授業)

    登校して先生の指導を直接受けることをスクーリングといいます。各コース共、学校が定めた所定の時間数の授業を受講します。

  • レポート(報告課題)

    レポート(報告課題)

    自学自習の中心をなすもので本校が定めた回数のレポートを提出します。本校で配布するレポートを指定された期日までに提出し添削授業を受けます。分からないところは、質問しながら勉強することもできます。

  • テスト(試験)

    テスト(試験)

    学習の総仕上げになるテストで、決められたスクーリングに出席して、レポートを規定枚数提出すると受けることができます。この試験に合格するとその教科・科目の単位が認定されます。

TOP

通信制課程単位制の学習の流れ

    • スクーリング(面接授業)

      全日制のように毎日登校し授業を受けるのではなく、自分の生活に合った時間割で受けられます。少人数なので自分のペースでじっくり学べます。

    • レポート(報告課題)

      授業の予習・復習が中心のレポートです。自分のペースで学習計画を立て実行しましょう。

    • テスト(試験)

      履修した科目のスクーリングの時間数とレポート提出を満たしていれば受験資格が得られます。これに合格すれば単位を修得できます。

    • 特別教育活動(特活)

      卒業要件として、学校が指定する日に特別教育活動として1年間毎で10時間以上出校し、指導を受けることが必要です。保護者会、進路説明会、就職説明会、成績発表、入学式、卒業式などの学校行事がこれにあたります。

TOP